産科

無痛分娩・和痛分娩

無痛分娩

当院の無痛分娩は患者様の安全性を最優先に考え、麻酔科医による麻酔を行なっております。詳細は以下の説明文書(PDF)をご一読下さい。 なお、無痛分娩実施前には必ず麻酔科医の診察を受けていただいております。

無痛分娩に関する説明文書(PDF)

参考資料:
無痛分娩施設情報(PDF)


和痛分娩

一般的に行なわれている硬膜外無痛分娩とは異なり、麻薬系鎮痛薬を経静脈的に投与し陣痛を緩和する和痛分娩も行なっています。妊婦さんの痛みにあわせて投与量を自己調節できるボタンがついたpatient-controlled analgesia (PCA)ポンプという器械を使用することで、自然陣痛が始まってから御希望された時に御自分で麻薬系鎮痛薬を投与できるという長所があります。ただし、産痛が完全に消失するわけではありません。鎮痛効果には個人差がありますが、実際に和痛分娩を経験されたお母様方の感想を含め当院における使用経験によりますと麻薬系鎮痛薬投与開始後の産痛は投与前に比べ約3割軽減されます。詳細は以下の文書(PDF)をご一読下さい。

和痛分娩に関する説明書(PDF)

無痛分娩の体制拡充と料金改定のお知らせ

産科専従の産科麻酔専門医による無痛分娩の導入など、無痛・和痛分娩体制の拡充に伴い、令和3年3月1日より無痛・和痛分娩の料金体系を改定させていただきます。改定後の料金体系は以下の通りです。

【 無痛・和痛分娩の料金体系 】
対象 費用
無痛分娩管理料無痛分娩を実施した方15万円
和痛分娩管理料和痛分娩を実施した方3万円
無痛+和痛分娩管理料無痛分娩、和痛分娩を両方とも実施した方18万円
※経腟分娩の途中で帝王切開に切り替わった場合でも、上記の費用がかかります。



Back to top