産科

出生前に行う様々な検査と遺伝相談

[専門外来]

羊水検査

羊水検査の詳細な説明についてはこちらをご参照下さい。

出生前診断は遺伝学的検査を伴うため、検査前から結果の理解にいたるまで専門的な遺伝カウンセリングが必要です(日本医学会遺伝学的検査ガイドライン)。また、検査結果につきましては現在妊娠管理をされている医療機関と連携して対応して行くことが必要です。

従いまして当院では分娩などの対応が可能な医療機関からのご紹介のもとに出生前診断をお引き受けしております。結果はご本人に直接ご説明した上で妊娠を管理されている医療機関へお戻しいたします。その後の妊娠管理につきましても紹介元でご対応いただいております。

原則として遺伝カウンセリングは臨床遺伝学センター外来で行いますが、初診および実施前カウンセリングは金曜日産科初診外来にて行います。羊水検査は水曜日の午後 (3H受付)に行っています。

母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(NIPT)について

本検査は臨床研究の一環として実施されます。検査をご希望される方・研究にご協力頂ける方は、病院ホームページをご参照ください。

着床前遺伝子診断(PGD)

着床前遺伝子診断(PGD)は、体外受精の過程で発生した胚の遺伝学的検査を行い、健康な子どもの妊娠を目指す技術です。当院は、わが国におけるPGDのパイオニアとして、その臨床研究を実施しています(PGDに関する説明はこちら)。




Back to top