産科

人工授精

提出していただいた精液を調整して、細いカテーテルを用いて子宮内へ注入します。精子の数が少なかったり運動率が低い場合に、より受精の場に近い場所に精子を入れることで受精しやすくなることを期待する方法です。また、射精障害や性交障害があって自然妊娠が難しい場合にも適応となります。一般に、1周期あたりの妊娠率は5~10%、累積妊娠率は40歳未満で約20%です。
排卵日の特定のために1~3回の受診(2,000円 / 回程度)が必要で、更に人工授精当日は22,000円程度(自費)の費用がかかります。
必要に応じて、排卵誘発や黄体補充などの薬を使うこともできます。


人工授精の流れ

<初回受診時>
① これまでの生理周期や基礎体温表、タイミング療法の記録をもとに排卵日を予測します
② 予測した排卵日の2~3日前くらいの日付の来院予約をします
③ 必要に応じて卵胞発育を促す薬を使用することもあります

<2回目受診時>
④ 排卵日2~3日前に経膣超音波検査にて卵胞(卵子の入った袋)の大きさを測定し、排卵日をより正確に予測します (予測が難しい場合には数回の受診が必要になることもあります)
⑤ 予測した排卵日の日付の来院予約をします。受精当日に使う精液カップをお渡しします

<3回目受診時>
⑥ 排卵日かその前日に排卵を促すトリガーとして注射か点鼻薬を使います
⑦ 精液は院内で採取していただくか持参して提出していただき、調整して準備をいたします
⑧ 人工授精を行います。細いカテーテルを使いますので痛みはほとんどありません
⑨ 次回の排卵日2~3日前の日付で次回外来の予約をとります

<ご自宅にて>
⑩ 予定の月経日を過ぎても月経がなければ妊娠の可能性があります。適切な時期に市販の妊娠検査薬を用いて妊娠の確認をして下さい
(市販の妊娠検査薬は種類によって感度が異なるため使用できる時期が異なります)

<妊娠の確認>
⑪ 妊娠が確認されましたら受診していただき、経腟超音波検査にて胎嚢を確認します
⑫ 妊娠8週前後で妊婦健診となります。当院周産期外来へおかかり頂くほか、ご希望の産科施設へのご紹介も致します



Back to top